美容整形でも人気な脂肪吸引!その魅力について

脂肪吸引が行われ始めた時期

脂肪吸引は、歴史はまだそこまで深くなく三十年ほどと言われています。1980年代の初頭から行われ始めた整形手術であり、脂肪吸引をすることによって部分痩せができることから今では、多くの人が行っているのですが、当時はあまり行われていなかった治療でした。メディアに紹介されてから、徐々に行われていくようになったのですが、非常に簡単に行うことができる治療であり、短時間で治療が終わることから女性でも安心して行うことができますね。

脂肪吸引で痛みはあるのか

脂肪吸引は、管を体に通して脂肪を吸引するということもあって痛みを感じることがあると思われがちですが、局所麻酔をするために痛みは感じません。しかし、術後三日ほどは腫れてしまうことがあるために腫れの痛みは感じることがあります。しかし、術後にマッサージを行っているとその痛みも解消することができるために特に心配することはありませんよ。また、最近ではメスを用いない脂肪吸引も流行っていますから特に痛みについては、心配ありませんね。

吸引した脂肪の使い道

従来であれば、脂肪吸引の脂肪は冷凍されて処分されることが多かったのですが、何かに使うことができないかという医師の発案のもとで行われたのが、豊胸手術と豊尻手術です。太ももやお腹の脂肪吸引をしたものを胸やお尻に移すといった治療なのですが、自分の脂肪を移すだけであるためにリスクはほとんどなく、効果に期待することができますよ。また、最近になって多くの病院で行われるようになったために信用性もあり非常に便利ですね。

クリトリス包茎には専門医での切除手術が必要になりますが、時間は20分程で費用は10万円程かかります。